予防と対策135「スマホ症候群」
(大阪府:難波|その他医療機関)
 

その症状、スマホのせいかも
 
スマホ症候群とは

  スマートフォンの長時間の使用により生じる、
  肩こりや首のこり、腱鞘炎、眼精疲労、視力低下
  ドライアイなどの症状の総称を
  「スマホ症候群」と呼びます。

  また、こういった身体の直接的な不調だけでなく、
  「スマホがないと不安に感じる」など、
  『スマホ依存症』も問題になっています。

 

スマホ症候群チェック 
 
  1.スマホやパソコンの使用で首や肩のコリを感じる
  2.パソコンを一日5時間以上使う
  3.猫背である
  4.天井を見ようとすると首に痛みや違和感がある
  5.目が疲れやすく、ドライアイになっている

  スマホを一日一時間以上使用している方で、
  当てはまるものが2個以上ある方は、
  スマホ症候群になっている可能性が高いです。


※※ スマホ症候群の主な症状  ※※

 ・肩こり
 ・眼精疲労、ドライアイ
 ・肘や肩の痛み
 ・腕の痺れ
 ・腱鞘炎
   指を頻繁に使うことで手首の親指側の腱鞘に
   炎症が起こるもので、痛みや腫れが生じます。
 ・ストレートネック
   長時間のうつむき姿勢によって頸椎の自然な
   カーブが失われて、まっすぐになってしまって
   いる状態のことです。
   頭部が背骨の前につきだしてしまうために、
   頭の重みが、より首や背中の筋肉にかかって
   しまいます。これにより、ひどくなると
   吐き気やめまい、耳鳴、上腕のしびれなどを
   引き起こします。

 ・うつ症状
   首を長時間圧迫することで、副交感神経の働きを
   阻害し、頭痛やめまい、全身のだるさやや食欲不振、
   不眠などの症状を引き起こすことも。
   こういった状況が長く続くと神経的にも悪影響が
   出て、うつ症状を招くことがあります。


 
スマホ症候群対策
  
 対策1.機種選びのポイント
     機能やデザイン性だけでなく、自分の手のサイズ
     にあったものを選びましょう。
     大きすぎると、親指を不自然な形で動かしてし
     まったり、支えるのに余分な力がかかってしまう
     ことがあります。

 対策2.使用する時間
     連続して長時間使わないように心掛けましょう。
     30分以上使ったら、一度休憩をはさみ、
     ストレッチなどをするのも良いでしょう。

 対策3.使用する姿勢
     下の図のような疲れない持ち方を
     心掛けましょう。

 

HOME

©にしむら鍼灸整骨院