【必読】ダーツのためのプチ整体を受けた後に

(兵庫県:姫路・加古川|アロマ・エステ・癒し)
 

意識と身体のズレのリセット
筋肉の柔軟性と関節の可動域が向上すると今までの身体とフィーリングが変わっていきなりブルを狙って投げても入りにくい場合があります。

(以前の身体の使い方の癖の影響。手放しで左に切れる癖のある車に普段乗っていると普通の車に乗った時に右に切りすぎて安定しないようなもの)

言い換えれば施術後は身体の照準面が向いている方向に素直に矢が飛ぶようになりますのでそれまで手先でしていた微調整分だけ目標からずれることになります。


まずは新しい身体のニュートラルを確かめるため、施術後はいきなり1投ごとに狙って微調整したりせず、腕のしなりを感じて気持ち良く3投とも同じようになげてグルーピングする位置を探してください。

そこが今の構えや投げ方での本来矢が飛ぶ場所です。
いつもの思ったところ(意識の照準)に飛ばない場合は身体の照準とは違う場所にコントロールでねじ込んでいると思われます。



①身体の照準と意識の照準が一致していて単に筋肉疲労の方。

⇒施術後すぐに好調時の飛びとコントロールが回復する。


②身体の照準と意識の照準が乖離し始めている方。

⇒グルーピングは格段に向上するも一時的にいつものフィーリングでは入りにくくなる。

身体の歪みや筋肉疲労による軌道の変化に対して意識の照準を動かして対処しているため身体の照準とは違う場所に矢が飛んでしまっている。

(調子の波が激しい、アップに非常に時間がかかる、スランプに陥りやすい)



②のタイプの方は
ニュートラルなグルーピングの位置(NGP)が定まってきたら、その位置(NGP)がたとえばブルになるように上下左右の照準 (立ち位置・左右足の重心バランス・身体の照準面の向き) の調整をすれば、今までより少ない労力で入ってしまうか少なくとも付近にグルーピングしてしまうはずです。

【もしそれでもしっくりこない場合は身体の歪みが大きく影響していますので全身整体での調整を強くお勧めします。】



この「入ってしまう」というのがポイントで、たとえば意識の照準とNGPがずれていても器用さとコントロールでねじ込むのも実際すごいことですが常に緊張と高い集中力をしいられます。

身体をきっちり整備して自分のNGPを知った上で意識の照準に一致するように身体の照準 (立ち位置・左右足の重心バランス・身体の照準面の向き) の調整をすることで、より再現性と安定性を増した矢飛びを手に入れ、さらに疲労は少ない、まさに「入ってしまう」という感覚を実感してもらえるはずです。

 
 
 


HOME

©中国推拿 まえしげ整体院