整体やクリアリングのあとに

(兵庫県:姫路・加古川|アロマ・エステ・癒し)
 
 

初めての全身整体のあとに
身体がほぐれて良くなりかけているうちに次の施術ができると非常に効果が高くなりますので、基本皆さまに二回目の施術は1週間後程度までに受診されることをオススメしています。この二回分でイントロとして一区切りになっていますので、遠方からの方で次がいつ来れるかわからない方は初回ロング整体をお勧めします。(初回全身整体のみでは説明や指導が行き届かない部分があります)


(あまり間をあけてしまうとまた一からのスタートとなってしまいます)



初めての施術、または前回から期間があいて久しぶりの施術はいわば主要幹線道路のざっとしたお掃除です。

まだスミズミまできれいにお掃除が行き届いたわけではないので、堆積して安定していた汚れが刺激によりうきだしてきてかえって汚れが目立ったり溶けだした汚れで水が濁ったりする風呂釜掃除のような現象が起こる場合があります。

また身体のコンディションが大きく変わったり一時的に体調が施術前より不安定になったりして気付いてなかった痛みを感じたりする時期があります。

(感じ方には個人差があります)



① 眠気やだるさ・・・整体はあくまで自然治癒力を発動させるスイッチです。

身体に自然治癒のエネルギーが不足している場合は身体が休養を欲して眠気やだるさなどの反応が出ますので30分程度の昼寝や、当日の夜に十分な睡眠を取って回復のためのエネルギーを充電してください。

体調が良くなってくると徐々に眠気やだるさは出なくなります。



② 筋肉痛的な痛み・・・身体の状態が非常に悪い時やまだ慣れてなくて整体中うまく力を抜けずに受けている間は深部に刺激を届かせる時に表層の筋肉に負担をかけてしまうことがあります。

筋肉の一時的な炎症なので違和感があれば早めに冷シップを貼っていただくとひどくならず落ち着きます。



③ 炎症・発熱・・・身体の掃除の過程で身体の一部の流れが良くなることで今までなかった圧がかかったりして、まれに(特に長い間症状を我慢しておられた方)多少の痛みや炎症、発熱を伴った反応が出る方がいらっしゃいます。 

しかし身体のお掃除が進むと次第になくなりますのでご安心ください。




体調や痛みの限界までガマンしてからの施術は身体への負担が大きくなるため後の反応が出やすくなってしまいます。

また、集中的な数回の施術が必要になってしまいます。

体調が悪いはじめの内はつめて施術を受けて頂きたいですが、しだいに調子が長持ちするようになってきましたら間隔を空けて頂いても結構です。

そしてピカピカの身体を手に入れることができたら、あとは定期的な施術で体調維持されるか、さらに美容面や運動機能面の潜在能力を開発する整体もオススメします。





 

クリアリングのあとで
■変わっていないことではなく、
 変わったことに気づく。


ワーク中の体感は、人それぞれで、
始まってすぐに眠ってしまう人もいれば、
手足がぽかぽかと温かくなったり、
ぴりぴりと電気が走るように感じる人もいます。

ワーク中の体感というのは、
ワークの効果とは、ほとんど関係ないようです。

「よくわからなかった。」という方でも、
思考が大きく変化するなどの
変容が起きています。

変化を確実なものにするためには、
まず、
「小さな変化に気付く」
ということが大事です。
その変化をちゃんと自分で認めてください。

「これは変わった。でも・・・」と、
変化を否定したり、意味が無いと判断しないでください。

否定や判断をすると、変化が失われてしまいます。

変化をしていない部分に注意を向けるのではなく、
【何が変わったか】に気づいてください。


そして、もし、気持ちに変化が起きたら、
それを確実なものにするために、
その気持ちに基づいて、どんな小さなことでも良いですから、
行動を起こしましょう。

『行動』は最大のアファーメーションになります。

何か始めようという気になったら、
机の上をちょっと片付けるだけでもいいですし、

自分を認めてあげよう、
愛してあげようという気持ちになったら、
カフェでいつもよりちょっと贅沢なメニューをオーダーするのでもよいですし、
お花を買って帰るのでもいいでしょう。


どんなに、小さくても、
その一歩から、全てが始まります。
あなたは、どんなことから始めますか?


■障害は邪魔者ではなく『ヒント』

何かを目標として行動していくときに、
いつも障害が現われます。

それはメンタルブロックと呼ばれる、
心に残ったトラウマだったり、
未解決の感情だったり。


メンタルブロックなんて言ってしまうと、
いかにも邪魔者に思えてしまいますが、
メンタルブロックを含め、
さまざまな障害(たとえばそれは家族の反対だったり)は、
邪魔者ではなく、

実はそれは、ヒントなのです。


何のヒントかというと、
「目を向けてないことがありますよ」
「やり残していることがありますよ」
というヒントです。

自分の未解決の感情や、信念が「ここにありますよ」
というサインなのです。

それに向き合うことで、成長し、愛を学ぶ(感じる)
ことが出来るようになります。

 


HOME

©中国推拿 まえしげ整体院